四月は君の嘘の広瀬すず、山崎賢人を見て純粋な気持ちになった

アリスです。

映画『四月は君の嘘』について紹介します。

主人公山崎賢人演じる『有馬公生』はピアノが大好きでした。しかし、母の死がきっかけで大好きだったピアノをやめ平凡に生きていました。

そこに、広瀬すず演じるヴァイオリニストの『宮園かをり』が現れます。

もう一度、ピアノと向かい合い、ピアニストとなるべく頑張るストーリーです。

もちろん…恋の話もあります。

スポンサーリンク

映画で一番心に残ったシーン

広瀬すず演じる宮園かをりは病気で大好きなヴァイオリンが弾けなくなります。

しかし、最後まで好きな事を諦めないシーンをみて、私も自分のやりたい事を納得するまでしようと思いました。

広瀬すずの負けない頑固よさも良かったです。

笑顔素敵ですね。

スポンサーリンク

山崎賢人演じる有馬公生の素朴な演技

山崎賢人と言ったら、恋愛映画ばかり出演してますね。

今回の役は、少し暗めの役でしたが、山崎賢人のピアノのスキルは高かったです。かなり練習したことが伝わりました。

今までにない役でしたが、とても上手に演技しており、ますます山崎賢人のファンになりました。

感想

私は、映画をみる前に、アニメバージョンをみていたのでストーリーの内容は知ってました。

映画とアニメでしたら、アニメの方がいろいろな人物が出るのでアニメの方が面白かったです。

ただ、映画は、キャストの二人の演技がとても上手で真剣さが私にも伝わってくるような演技でした。

ピュアな恋もあり、ピアノやヴァイオリンへの真剣な思いが伝わり、私も青春の高校生に戻りたくなりました。

是非、皆さんも映画をみて純粋な気持ちに戻り、人生をやり直すきっかけにしましょう。

人生に遅いということはありません。

スポンサーリンク
関連記事と広告