2歳の男の子は「いややー」が口癖。イヤイヤ期はいつまで続くのか?

こんにちは、アリスです。

2歳の男の子は、もう数か月前から口癖が「いややー」です。

最初は「いややー」というだけでしたが、最近は「いややー」と言って私から逃げます。

男の子は、自分の気持ちをより強くアピールするような気がします。

スポンサーリンク

いたずらをした時の反応が面白い

かわいすぎて、ちょっといたずらしたくなることってありませんか?

例えば、ほっぺたをくっつけたり、ほっぺにチューしたり。(^^)

でもそれをすると、2歳の男の子は体も顔ものけぞって嫌がります。

そして、次は手でバチバチと顔をなぐったり引っ掻いたりしてきます。攻撃してくるのです。

男の子は女の子と比べて自己アピールが強いように思えます。

嫌なことをされると攻撃するのが、いかにも男の子という感じですね。

スポンサーリンク

英語の『ライオン』と『いややー』の発音が同じ

あんまり、なんでもかんでも「いややー」とばかり言うのですが、ある日その発音が「ライオン」の英語の発音と同じことに気づきました。

つまり、子供が「いややー」の発音が、英語の「ライオン」の発音と同じなのです。

ネィティブ並みの発音です。(^^)

これが面白くて、子供に「いややー」と言わせて、楽しんでいます。

イヤイヤ期はいつまで続くか?

まだ2歳なので、何もわからずひたすら「いややー」といっていますが、3歳になるころにはイヤイヤ期も終わるでしょう。

ちなみに、自分がしたいことや、ほしいもののときは「いややー」とは言いません。

例えば、ジュース飲みたい?と聞いたら、コクっと頷きます。(^^)

歯磨きする?と聞いたら、「いややー」と言います

日本語は大分理解できるようになってきましたが、話すのはまだまだです。

やはり男の子は女の子と比べて、話すまでにかなり時間がかかりますね。

今が一番かわいいときです。(^^)

スポンサーリンク
関連記事と広告