柄によって変わる猫の性格とは?気が強い白猫、甘えん坊な黒猫、気分屋の三毛猫など

アリスです。

私は動物が大好きです。子供の頃は実家で犬と猫を飼っていました。猫は犬に比べて、飼い主への忠誠心が低く、自由気ままでワガママというイメージがあります。

実は、猫の性格は柄によって9パターンに分けられるということを知っていましたか?

今日は柄でわかる猫の性格について書きたいと思います。

スポンサーリンク

白猫

白猫は気が強く、頭も良いですが、時に神経質です。独占欲が強く、クールな性格の子が多いです。

スポンサーリンク

黒猫

黒猫は一見クールに見えますが、実はとても人懐っこい性格です。また、人一倍動く物が大好きで、甘えん坊の子が多いです。

グレーの猫

グレーの猫は忠誠心が強く、穏やかな性格の子が多いです。はにかみやでちょっと内気なところがあります。

スポンサーリンク

サビ猫

サビ猫は優しく穏やかな性格の子が多いです。比較的飼いやすい品種なので、飼い猫に向いています。

三毛猫

三毛猫は好き嫌いが激しく、気分屋な性格の子が多いです。まさに猫のイメージにぴったりな猫です。

白黒の猫

白黒の猫はおとなしいけど活発。従順だけどマイペースで頑固。人なつっこく陽気だけど孤独を好む。など、これって同じ種類の猫なの?と不思議に思うくらい、両極端な性格の子が多いです。

キジ猫 サバ猫

キジ猫は警戒心が強く、用心深い性格の子が多いです。人に対しては友好的で無防備な子もいます。

サバ猫は神経質で警戒心の強い一面もあるが、陽気で明るい面もあります。

茶トラ

茶トラの猫は基本的に臆病なので、それを隠すために攻撃的になったりします。また、食欲旺盛で甘えん坊な性格の子が多いため、食べ物の与え過ぎには注意しましょう。

白黒のぶち猫

白黒のぶち猫の性格は両極端で、気が強い部分と弱い部分が混じり、ミステリアスな性格の子が多いです。

まとめ

上記にあげた性格はあくまでも一例です。

生活環境や飼い主の接し方によって変わってきます。

猫を飼っている人は一度、自分の愛猫の柄をチェックしてみて下さい。

以外と当てはまるところがあるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
関連記事と広告