バタフライ・エフェクトはイケメンのアシュトン・カッチャーが過去に戻り未来を変えるストーリー

アリスです。

残酷な現在を変える為に、アシュトン・カッチャーが過去に戻り、友達と好きだった女の子の人生をやり直す為に尽力をするバタフライ・エフェクトを紹介します。

スポンサーリンク

主人公が幼い時に犯した罪

主人公【エヴァン】は、子供の頃、たびたび一瞬の記憶が飛んでしまう事があり、改善策としてエヴァンは7歳から、日記をつけ始める事にしました。

そして、6年後。

エヴァンの幼なじみのレニー、ケイリーの兄トミー、そしてケイリーである事をやろうとしてました。

それは、

他人の家の郵便物の中にダイナマイトをいれ、ポストを爆発するというゲームをやる事になり、友達にダイナマイトをいれさせた所に、帰ってきた母親と赤ちゃんがポストにさわり、事故で死んでしまいます。

皆は、この残酷な事件の事を封印する事にしました。

スポンサーリンク

残酷な事件を犯してしまって7年後

20歳になったエヴァンは、州立大学で優秀な学生になっていました。

記憶をなくなる事もなくなり、普通の人生を送っていました。

そしてエヴァンは、昔の幼少期の記憶が少しずつ思い出し、好きだったケイリーに会いに行きます。

そして、ケイリーに会い、昔のケイリーの父親の性的虐待を思い出しと言い、思い出したくない記憶を消したかったケイリーはきずつき、

自殺をしてしまいました。

エヴァンがとった行動は?

エヴァンは、ケイリーの死に後悔をし、過去の記憶を取り戻すべく、昔の日記を読み直していると、過去になんとタイムスリップしてしまいます。

そして、過去のダイナマイトの事件を変え、ケイリーを自殺から助けます。

スポンサーリンク

過去に戻って、好きだったケイリーを助けた結果

幼少期のダイナマイトでの爆発を起こさない為に、エヴァンは過去に戻り、事件を起こさないようにダイナマイトを捨てようとした結果、ダイナマイトが爆発し両手がなくなってしまいました。

エヴァンは、ケイリーを助けると自分に災いが起きてしまいます。

みどころ

アシュトン・カッチャーの精神不安の演技が上手すぎます。

アメリカ映画の恋愛物語、ジャストマリッジでイケメンで有名になったアシュトン・カッチャー。

今回のバタフライ・エフェクトのエヴァン役をみて、もっとアシュトン・カッチャーを好きになりました。

最後は、

好きだったケイリーの幸せを思い、自分のせいでケイリーが幸せになれないので、自分からケイリーにわざと嫌われ、ケイリーの人生からエヴァンは、自分を追い出します。

そして、大人になり二人は道端で出会いますが、タイムスリップで未来が変わり、二人はすれ違うのみで終わりました。

二人の出会いが無くなり、ケイリーは幸せになりましたが、切ない終わり方です。

是非皆さんもみて下さい。

スポンサーリンク
関連記事と広告