iOS11で進化した画面キャプチャー機能の使い方を紹介 画像の範囲選択での保存が可能になった!

アリスです。

iOS11になり、画面キャプチャの機能が大幅に進化しました。

iPhoneやiPadで画面キャプチャーしたあと、キャプチャー画像の範囲選択をして、好きな部分だけを保存できるようになりました。

スポンサーリンク

これまでの画面キャプチャの機能

これまでは、電源ボタンを押しながらホームボタンを押すことで、画面全体のキャプチャを撮影し、写真に保存してくれました。

しかし、画面全体のキャプチャーは必要なくて、一部だけほしいということはたびたびありました。

特にブログを書いていると、かなりの頻度であります。

その場合、撮影した後に、別のアプリで編集作業をしなければならず、非常に面倒でした。

スポンサーリンク

進化した画面キャプチャの機能

電源ボタンを押しながらホームボタンを押すことで、画面全体のキャプチャを撮影するのは、これまで通りです。

iOS11では、撮影後、自動保存されません。

画面左下に撮影した画像が小さく表示されますので選択します。すると下記の画面が表示されます。

この状態で左上の完了ボタンを押せば、これまで通り、画面全体のキャプチャが保存されます。

画面の一部のキャプチャが欲しい場合は、画面の青枠を下記のようにドラッグして調整します。

青枠をキャプチャーしたい範囲に狭めていきます。

ドラッグを解除した時点で、指定した範囲の画像だけがトリミングされます。

完了ボタンを押すと保存できます。

画像のトリミングに失敗した場合

青枠を狭めすぎたりして、失敗した場合は、画面右上の『矢印ボタン』を押してください。

ひとつ前の操作状態に戻ります。

スポンサーリンク

ペンを使って画像に文字を書く

ほとんど使わないとは思いますが、ペンを選択して画面に手書きの文字を書くこともできます。文字の色も変えることができます。

ぜひ、色々試して見てください。

画面の部分キャプチャができるようになり、ほんとに便利になりました。

スポンサーリンク
関連記事と広告