天国へのカウントダウンのラストシーンは映画だからうまくいった?

こんばんは。アリスです。

今回は謎の組織、黒ずくめのジンとウォッカが関係している名探偵コナン、

天国へのカウントダウンについてです。

博士の運転で、コナン、あゆみ、げんた、みつひこ、

そしてAPTX4869の薬を開発した灰原あい

で西多摩市のツインタワービルに向かってます。

しかしその前夜、灰原が夜公衆電話からある場所に電話をしており、

その電話を黒ずくめの組織、ジンとウォッカが盗聴されました。

なんと行き先がばれていたのです。

まさか昔の黒ずくめの仲間達に盗聴されてたとも知らず、

とうとう西多摩市のツインタワービルに

灰原あいとコナン達は到着してしまいました!

そこで、黒ずくめの仲間に関して知っている

重要人物TOKIWA専務の原 佳明が殺されます。

そして次々に殺人事件がおきます。

そして…黒ずくめ組織達が灰原あいの命を奪うために…

ツインタワービルを爆弾で爆発させます!!

皆んなを助ける為に外に逃げ遅れた毛利蘭は、

火の海から脱出する為に…

映画みたいにうまく行くかどうかわからないけど…

しっかりつかまってるのよコナンくん!!

ズッドーン!!!

映画やから、うまくいきました(^V^)!!

☆続きはマンガで☆

灰原あいは、コナン達を裏切るのか?…

黒ずくめの復讐が灰原あいの命を…

毛利蘭は、火の海から助かる為にどうするのか?…

コナン、あゆみ、げんた、みつひこは火の海から脱出出来るのか?

黒ずくめの組織のてが襲いかかる!!!

絶対絶命のピンチ!!!

天国へのカウントダウンを読んで…仲間ってとても大切だと思いました!

是非皆様も読んで下さい!

スポンサーリンク
関連記事と広告