ハニーレモンソーダの『羽化』と金髪イケメン男子『三浦君』の出会いとは?ストーリーネタバレ注意

アリスです。

ハニーレモンソーダ

高校生の甘酸っぱい青春と恋愛のストーリーをご紹介します。

スポンサーリンク

主人公『石森羽化』と『三浦界』の出会い

主人公『石森羽化』は暗い自分を変えたいと思っていました。

そこで、とても可愛い制服の八美津高校に行きたいと思っていました。

しかし、『八美津高校』は進学校ではありません。

進学校に入学するにはダサい制服の真聖学園になってしまいます。

羽化は自分に正直になれないでいました。

そんな時に、道端で偶然出会った金髪のイケメン男子に「八美津高校の方がいいんじゃない」と言われました。

その金髪のイケメンが『三浦界』という名前の男子です。

羽化は三浦界のように『自由な自分』になりたくて、彼が入学する八美津高校に入学することに決めました。

スポンサーリンク

高校入学!そして三浦界との再会

八美津高校に入学して一週間がたちました。

羽化が廊下を歩いているとイキナリ、レモンソーダの水しぶきが降ってきました。

三浦界が喧嘩ごしの男子にレモンソーダをふきかけようとした所、歩いてきた羽化にレモンソーダがかかったのです。

三浦君は羽化にごめんと言いいました。

しかし、三浦君にじっと顔を見つめられた羽化は恥ずかしくなり、その場を走って逃げてしまいました。

スポンサーリンク

次の日

羽化は、三浦君から逃げてしまった自分に後悔していました。

次こそ自分を変えたいと思い、翌朝早く学校についてしまいました。

誰もいない教室でおはようの挨拶の練習をしていると、

なんと三浦君が教室に入ってきました。

誰もいない教室で一人でおはようと言っている所を聞かれ、羽化はかたまってしまいました。

三浦君におはようと言われたのに、すぐに返事を返す事が出来ませんでした。

その後、三浦君にもう一度おはようと言われ、羽化もおはようと返すことが出来ました。

スポンサーリンク

羽化の最初の友達あゆみちゃん

数学の時間、隣の席のあゆみちゃんが先生に当てられました。

しかし、答えが解らなく困っています。

それを見た羽化は、恥ずかしいけど身を乗り出してあゆみちゃんに答えを教えてあげました。

いつも石のようにかたまって何もしなかった自分とは思えない行動をしました。

それがキッカケであゆみちゃんと仲良くなり、初めて友達が出来ました。

羽化をイジメていた同級生達

羽化は高校で中学の時にイジメられていた同級生とばったり会いました。

その同級生は、みんながいる教室で中学時代の羽化が「鈍臭くてボーッとして、喋らないし、表情がいつも固まっていたこと」を言いふらしました。

そして、自分たちが羽化のことをを「石」と言ってイジメていた事も言いふらしたのです。

耐えられなくなった羽化は、その場から逃げてしまいました。

スポンサーリンク

三浦君が羽化の為にとった行動

三浦君は羽化に俺に頼れと言いました。

羽化は三浦君に『助けて』といいました。

三浦君は、イジメていた羽化の同級生に『次こいつに何かしたらオレが許さないから』と言って、羽化を助けてくれました。

かっこよすぎます・・。羽化は三浦君に恋をしてしまいました。

私も恋してしまいました。

みどころ

三浦君と知り合っていく内に、羽化の笑顔が沢山みられるようになります。

三浦君の優しさがとてもキュンキュンします。

誰でも、一度は好きになってしまう三浦君。笑った顔がとても綺麗です。

今後、羽化と三浦君はどんな関係になっていくのでしょうか?

羽化は、友達が沢山出来るのでしょうか?気になる所が沢山あります。

スポンサーリンク
関連記事と広告