『亜人』の実写映画はイケメン佐藤健が主役!物語のあらすじを初公開!

アリスです。

漫画を実写化した映画亜人が2017年9月30日に公開されます。

主人公永井圭を演じるのは、今イケメンで大ブレーク中の佐藤健です。

スポンサーリンク

佐藤健が演じる主人公「永井圭」

佐藤健といえば、画面ライダー電王、るろうに剣心での演技力で一躍有名になった俳優さんですね。

亜人の漫画の主人公「永井圭」は、佐藤健のようなイケメンではないです。

漫画ファンとしてはイケメンの佐藤健が主人公をするので映画をみるのが楽しみです。

スポンサーリンク

亜人とは?

亜人とは、

みためは普通の人間と全く一緒ですが、死ぬと即座に死から蘇るという驚異的な再生能力を持つ人種です。

物語の中では、亜人は脅威とみなされています。

亜人ということがばれると、人体実験をされ、人間ではなく有害生物として一生監獄に閉じこめられるのです。

亜人は「死」に至らない限り再生能力は発揮されません。

そのため、人体実験などで何度も殺されます。

殺されるたび、痛みや苦しみを味わうこととなり、一生苦しむ運命になります。

亜人のストーリーあらすじ

主人公「永井圭」は、学校から友達と帰宅途中にトラックにはねられて死んでしまいました。
しかし死んだはずが、生きており初めて「永井圭」は自分が亜人だったと気付きました。

すぐにまわりの友達に亜人とばれてしまいました。

そして「永井圭」は、政府に捕まり人体実験にされます。

その人体実験は何度も殺されるというとても悲惨な実験でした。

そんな人体実験から「永井圭」を救ったのは、佐藤(佐藤健ではありませんw)という同じ亜人の力を持った人間でした。

それが今後宿敵になる佐藤との出会いでした。

亜人となった主人公「永井圭」は、佐藤の大量虐殺を阻止すべく、仲間達と力を合わせ動きだしていきます。

スポンサーリンク

亜人の世界観を実写映画で再現!

漫画、アニメ、実写化もされ大人気の亜人です。

一度みたら、続きの展開がとても気になります!

亜人となった人間は、人体実験をされ、生きながら痛みに苦しまないといけない運命なんて、恐ろしすぎます。

物語の世界感がすごくて、引きずり込まれます。

実写映画でその世界観が再現されるか?お楽しみですね。

ぜひ実写映画をみて、あなたも亜人ファンになって下さい(o^^o)

スポンサーリンク
関連記事と広告