ピノ焦がしカラメル、雪見だいふくカラメルプリン、パルム香ばしキャラメル!秋の新作アイスキャラメル味を食べた感想

アリスです。

9月11日より、森永乳業の大ヒット商品ピノより、新発売された焦がしカラメル味を食べてみました。

スポンサーリンク

キャラメルとカラメルの違い

ピノの新作アイスは「焦がしカラメル」です。

カラメル??なぜキャラメルでないのか調べました。

キャラメルは生クリーム・水飴・砂糖・バターなどを熱して溶かして、それを冷やし固めてできるお菓子です。

カラメルは水と砂糖だけを熱してできる液体のことです。

焦げ色の見た目でわかりますが、甘さの中に苦味があります。

プリンの茶色いところが、カラメルソースです。

スポンサーリンク

焦がしカラメルは、アイスミルク

しかし、焦がしカラメルは、アイスミルクの種別になっていました。

アイスクリームの種別は、全部で4種類あります。

アリスです。 ピノ美味しいと思っている人は沢山いるのではないでしょうか? 昔ながらの人気のピノはアイスクリームに分類され...

いつものピノは、アイスクリームの種別になります。

いつものピノと比べると、アイスクリームではなくアイスミルクの分だけコクが足りないように思いました。

しかし、ラクトアイスよりは、だいぶマシです。

スポンサーリンク

食べた感想

一口口にいれた瞬間、ふわ〜っと、キャラメルの味でいっぱいになりました。

キャラメルソースにフランスロレーヌ産岩塩と発酵バターを加えることで、シャープな甘さとコクのある風味を実現しています。
コーティングチョコは焦がし風味のビターなカラメルチョコを使用しています。

つまり、甘味と苦味が絡み合った大人の味を再現しているのです。

スポンサーリンク

9月18日、2種類のキャラメルアイスが、続けて販売予定

雪見だいふく とろける至福 カラメルプリン

今回の新作は、カラメルソース入りのバニラアイスを、ふっくらやわらかなおもちで包んだものになります。

カラメルソースは適度な甘みで香ばしく、バニラアイスと合わせることで、とろけるプリンの味わいを表現しています。

PARM(パルム) 香ばしキャラメル(6本入り)

パルム香ばしキャラメルは、キャラメルアイスとミルクアイスをうずまき状に組み合せています。

口どけの良いキャラメルチョコで包み込んだ香ばしいキャラメルの味わいが楽しめるアイスバーです。

ピノ焦がしカラメル同様、隠し味にフランスロレーヌ産岩塩を使用することで、キレが良くすっきりとした後味に仕上げています。

秋になると、新商品が続々発売します!

皆さん、オススメがありましたら、食べることが大好きなアリスに、ぜひ教えてください♫

スポンサーリンク
関連記事と広告