秋が旬の秋鮭!鮮度の良い秋鮭の見分け方とオススメレシピの紹介

アリスです。

今日は、秋鮭の魅力とオススメの食べ方について書きます。

スポンサーリンク

秋鮭の旬はいつ?

秋鮭の旬は、9月〜11月の秋になります。

鮭は川で生まれ、海で育ち、産卵のため、また生まれた川に戻ってきます。

産卵前の鮭は、栄養価が高く、脂がのっており、とても美味しいといわれています。

スポンサーリンク

秋鮭の栄養成分

EPA

中性脂肪を減らし、コレステロールのバランスを整える。

DHA

神経細胞を活性化させ、記憶力や学習能力を向上させる。

ビタミンA

老化や、がんの予防効果。

ビタミンD

カルシウムの吸収を高め、骨への沈着を助ける。

アスタキサンチン

抗酸化作用が強く、美容効果がある。

などなど、鮭は栄養価が高く、スーパーアンチエイジングフードとして、世界からも注目されています。

スポンサーリンク

鮮度の良い秋鮭の見分け方

丸ごと買う場合

  1. 皮の表面にウロコが残っているもの
  2. 目が澄んで濁っていないもの
  3. エラにくすみがなく鮮やかな赤色をしているもの

切身を買う場合

  1. 身の部分が綺麗な赤色のもの
  2. 身が引き締まっているもの
  3. 血や水分が出ていないもの
  4. 皮が乾いておらず、ピカピカと輝いているもの

スポンサーリンク

オススメの食べ方

秋鮭のちゃんちゃん焼き

鮭と野菜を炒め、仕上げに味噌ダレとバターを絡ませましょう。

食欲の秋にぴったりな、北海道の豪快な漁師料理です。

ほうれん草と鮭のクリームシチュー

クリームと相性抜群のほうれん草と鮭。

子供から大人までみんな大好きな鮭の定番メニューです。

秋鮭のバター醤油丼

バター醤油が鮭の旨味と風味を際立て、ごはんがどんどん進みます。いくらを添えてゴージャスに!!

美味しくて、栄養価が高く、料理のレパートリーも豊富な秋鮭!!

皆さんも是非食べてみてください!!

スポンサーリンク
関連記事と広告