簡単にお金持ちにはなれない。サラリーマンの限界と今後の投資先とは?

こんばんは、アリスです。

金曜日ですね。大丈夫ですか?やっと金曜日だーて思っていませんか??

http://yozawa-tsubasa.xyz/yozawa/233

個人がお金持ちになるのは簡単なことではありません。

現代の日本ではありとあらゆる手で、個人がお金持ちになるのを阻止してきます。

最たるものが税金でしょう。

スポンサーリンク

サラリーマンの限界

サラリーマンとして出世し、1000万円の給与を得たとしましょう。税金は所得税30% + 住民税10% = 40%の税金です。下表は給与の所得税です。これに一律10%の住民税が追加されます。

リスクを取って企業し、大成功し、4000万円越えの収入を得ても最大55%の税金がとられるのです。

このように現代の日本では個人がお金持ちになるのを阻止しようとします。一昔前はボーナスには税金がかかっていませんでした。今ではボーナスにも税金がかかりますよね?

いまや多くの富裕層は海外に移住する時代です。なぜなら、前述のように日本では税金が高すぎて、豊かな暮らしができないからです。例えばシンガポールでは、最大20%の税金です。

日本では投資で得た収入にも税金がかかります。一律20%です。安いと思いますか?高いと思いますか?私は高いと思います。投資というものは、95%が負ける世界です。やっとの思いで勝つことができたとしても、20%もの税金がとられるのです。

スポンサーリンク

長期的な投資先として日本はありえない

NISAというものや確定拠出年金を使えば税金をゼロにできますが、買いでしか儲けることができないという、めちゃくちゃ大きなデメリットがあります。

超長期で見れば上がる可能性は高いですが、それも海外での話。日本は長期的に見れば衰退していくでしょう。理由は少子化だからです。

子供が少ない町というのはさみしいものです。一昔前は近所を散歩すれば、遊んでいる子供の姿をそこら中にみかけたものですが今では、めっきり見ないと感じているのは私だけではないでしょう。それだけ子供の数が減っているのです。未来の国を支えるのは子供たちです。子供こそが国の宝物だということです。

いずれにしろ、投資先として日本はすでに魅力がなくなっています。

スポンサーリンク

アジア、アフリカの時代に

投資するのであれば、アジアになるでしょう。そして、いずれアフリカの時代がくるでしょう。

投資するのであれば、投資先はよく考えてください。話が脱線しかけましたが、とにかく現代の日本では税金という名の魔物がお金持ちになるのを阻止してきます。

簡単にはお金持ちにはなれないのです。では諦めますか?ノーです。諦めたら終わりです。それだけは事実です。私も正直、幾度となく、もうダメだ。お金持ちにはなれない。と諦めそうになっています。しかし、そのたびに、自分を奮い立たせて、自分に鞭をうっています。

お金持ちになるには、行動しかないからです。立ち止まって考えず、走りながら考えましょう。少しでも前に進むのです。

諦めそうになった時こそ行動です。頭がない私に唯一できることです。一緒にがんばりましょう。

スポンサーリンク
関連記事と広告