車内空間が軽自動車で一番広い!ホンダの新型「N-BOX」は超人気

アリスです。

ホンダが軽自動車の人気車種、N-BOXをフルモデルチェンジしました。

今日は新型N-BOXの魅力と性能について紹介します。

スポンサーリンク

新型N-BOXの魅力

画期的な広さ

プラットフォームを改良することで、大人4人が乗っても、しっかりとくつろげるゆとりの空間を実現しました。

室内長224㎝、室内幅135㎝、室内高140㎝と軽自動車では最大級の広さです。

軽自動車が狭いというのは、はるか昔のことで、今は各メーカーが争っていますね。

そんな中、ホンダがここにきて一番の広さを実現したみたいです。

使いやすさ

生活シーンに応じて室内空間を自由自在にアレンジすることができます。

助手席を最大57㎝スライドさせることができるスーパースライドシート。これにより、乗り降りが格段に楽になります。

スライドドアの開口幅が、ミニバン並みに広いので、大きな荷物や子供の乗せ降ろしも楽にできます。

両手がふさがっている時でも車体下のセンサーに足先をかざすだけで、ドアを開閉することができます。

その他にも小さな子供がいる方にとって便利な機能がたくさんあります。

スポンサーリンク

新型NーBOXの性能

予防安全性能

全タイプに先進の安全運転支援システム

「Honda SENSING」を標準装備。

例えば、衝突を予測して、ブレーキをかけてくれます。

誤って前や後ろへ急発進するのを防ぎます。

人に近づくと、反対方向に行くようにします。

衝突安全性能

自動車の骨格を衝突に強い設計にしているようです。

また、運転席、助手席はもちろん、後部席にもエアバックが設置されています、

横にも設置されており、横からの衝突でも守ってくれます。

ただし、トラックが横から突っ込んできたら、意味ありません。

それはどんな車でもそうですね・・。

燃費性能

iーVTECエンジン JC08モードで27.0km/L

ターボエンジン JC08モードで25.6km/L

走行性能

iーVTECエンジンというエンジンを採用しています。

iはインテリジェンスのことで、要は知能をもったエンジンということです。

市街地なら市街地の走り方、高速道路なら高速道路の走り方。

場面場面に応じて、最適な走りを実現してくれるという、すごいエンジンのようです。

しかも!!!燃費もいいという・・。

本当かよ??と思った方!

私も正直、半信半疑です。笑

ただし、ホンダはくそがつくほど真面目な会社です。

嘘はついていないでしょうが、試乗して自分で確かめることが大切ですね。

スポンサーリンク

価格

NーBOX   138万円〜188万円

NーBOXカスタム   169万円〜208万円

販売台数で軽自動車ランキング1位に輝く

ホンダ NーBOX!!

新型の発売でさらに売上げを伸ばすことができるのか、今後に注目。

スポンサーリンク
関連記事と広告