得意なことを仕事にすれば人生がうまくいく!人生が有限であることを肝に銘じるべし

アリスです。

前回、好きなことを仕事にすると、思っていたのと違ったときに、嫌いになってしまうと書きました。

アリスです。 ビジネスをする場合、多くの人は自分の好きなことをビジネスにしたいと考えます。 しかし、これではうまくいかない確...

仕事でやる以上、好きなこと以外のこともしなければならないです。
つまり、好きなことだけで構成されている仕事というものはないです。

ではどうするかについて話します。

スポンサーリンク

得意なことを仕事にする

ずばり・・「自分の得意なこと(強み)を仕事にする」のが成功の秘訣です。

こう話すと、「自分の得意なことなんて何もない」とおっしゃる方がいます。
が、それは間違っています。何かしら、強みがあるはずです。

必ずしも、人より優れているかどうかで考える必要はありません。
自分はこれが得意だというものが強みです。

掃除が得意だ。旅行のプランを練るのが得意だ。プログラムを作るのが得意だ。
エクセルを使うのが得意だ。なんでもいいです。

得意なことを仕事にするのです。もちろん、得意なことだけで構成されている仕事はありません。
これは、好きなことだけで構成されている仕事はないことと一緒です。
何が違うんだ!と言われそうですが、私は大きな違いがあると思っています。

スポンサーリンク

得意なことと好きなことを仕事にする場合の大きな違いとは

好きなことは嫌いになる場合があるが、得意なことは苦手になることはない。
という違いです。
だから得意なことを伸ばすべきなのです。得意なことは、やればやるほど実力が伸びていきます。

なんでもできる人間なんていません。人には長所、短所があります。
短所を克服するために頑張っても、結局あまり伸びません。長所をひたすら伸ばすのが大切です。

ところが、多くの人は短所を改善しようとします。
もちろん、改善はできるのですが、大抵は改善した結果、人並みになるだけです。

もちろん、人間として平均的な能力を高めることは重要です。
しかし、それではごくごく普通の人生になると思われます。

スポンサーリンク

得意なことをひたすら伸ばすべし

人生の時間は有限です。自分の得意なこと、長所をひたすら伸ばして、突き抜けなければなりません。
実際、多くの会社が求めている人間は、いわゆるできる人です。技術や、営業で売り上げに貢献してくれる人です。

何も得意なことがない人が、売り上げに貢献してくれるでしょうか?
もちろん、得意なことがなくても売り上げに貢献できますが、ごくごく普通の成績しか収めることはできません。
多くの企業が本当に求めているのは普通の成績ではないです。

私はこれが得意です。と自信をもって話せることがが大切です。
誰にも負けないということは言う必要はありません。(上には上がいるのが当たり前なので)

そういった得意なこと、得意な分野があれば、悪いことがあっても復活できます。
精神的に大きなダメージをくらっても、復活できます。

まとめです。好きなものを仕事にするのはなく、得意なことを仕事にしよう。

スポンサーリンク
関連記事と広告